リプロゲンとDNAとの関係は

次世代ペニス増大法と言われているリプロゲンが、
DNAに関係するメカニズムで増大できるということで調べました。

リプロゲンはサプリとして医療界の革新的一歩と言われてます。
従来のポンプやチントレ、手術による増大法
(アクアミド、バイオアルカミド、ヒアルロン酸)だと
満足度の低い患者が多かったというデータがあります。←これは確かにその通り
それは、その人の潜在的可能性(ポテンシャル)
にアプローチする方法論だったからです。←難しくてわからんw
ようするに、最初からペニスが大きくなりそうな人にしか効果が無いってことらしい。

そのメカニズムを根本から見直すことで、再生医療の応用にいきついたわけです。
「医療の必要性もつ様々な要因は遺伝子レベルでのDNA損傷によりもたらされる」
という仮定から、DNAに働きかけるという今のリプロゲンの原型が誕生しました。

DNAに働きかえる希少成分と、さらに厳選された有効成分を配合し、
本来生まれ持った時から変わらない遺伝情報とその限界、
それを超えた増大の可能性を示し、医療界の革新的な一歩を生んだといわれています。

って難しいことを言っているけど、リプロゲンの基本理論はADI理論って書いてあった。
ADIとはAbsorb(吸収) Digest(消化)Ingredient(成分)の意味で
濃縮されたペニス増大成分を積極的に体内に吸収させる、という意味。

そのリプロゲンの成分ですがキャッツクロー(DNA修復成分)を主として
ペニスの異臭や悪臭対策である
黒マカ、クラチャイダム、ブラックコホシュ、黒アリ、黒ニンニク、バイオペリン、
カルダモン、シャンピニオンが配合されています。
ペニスのニオイまでケアしているのは珍しいね。

実際に、使用前後の海綿体の断面図を見ると、組織細胞の産生が低下してペニス全体の密度が低い状態から
使用後は細胞増加により海綿体の細胞組織が高密化、肉厚化していることがわかります。

リプロゲンは素晴らしいサプリですが、これらの特性をそなえながら純国産のサプリとして人気化した
ゼナフィリンのようなサプリもありますので、
副作用や国内品質、安全性といった観点で好きな方を選ぶのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です