精力剤の成分の特徴:アシュワガンダ

精力剤必須の成分のひとつであるアシュワガンダは、インドに自生するナス科の常緑低木です。アシュワガンダとはサンスクリットで馬という意味があります。粉にして飲めば、馬の力を得る事ができるという事からアシュワガンダと呼ばれりようになったそうです。主な効果としては、天然の精力剤の効果だけではなく、抗不安作用、抗がん作用、免疫力向上、血液浄化、健胃、滋養強壮、免疫強化、抗ストレス、精力、リウマチなどに効果があるとされています。インドの朝鮮人参と呼ばれているほどです。インドの伝統的アーユルベーダでは、関節炎の治療薬や強精薬として用いられてきた植物です。性機能を高める効果があるといわれており、女性には卵子に栄養を与えてくれ、男性が摂ると精力の増強、睾丸の重量増加や、精子を増やす働きもあるとされています。性別関係なく効果がある精力剤ともいえますね。さらに、女性の場合、月経トラブル、更年期障害などにも助けになってくれるハーブです。また、イライラ、パニック症、不安症にも良いともいわれています。インドでは、一般家庭でも日常的に利用されているそうですが、特定の薬に反応するため、飲用前に医師に相談してから使用しましょう。

こういった精力剤の成分をなんと100以上も集めた究極の精力剤があります。もともとは増大サプリメントとして開発されたらしいですが、精力剤としてもかなり良質の成分を配合しているため、下手な市販薬よりはよっぽど効果を期待できます。こういったぞ大サプリメントは薬局での購入や処方箋による処方は難しく、通販サイトを探して購入することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です